FC2ブログ

青D日記

管理人の趣味全般について適当に語るブログ

いつか書いてみたい

やる夫系の創作のアイデアでもつらつらと


・”私”の語り部は一人前になった将軍やる夫のようです
本来は誉高い冒険者や、貴族の家系しか入ることの出来ないはずの騎士団が唐突に出した『一般人を対象とする求人』。
これを受け、騎士団を夢見る若者たちがこの募集に殺到することになる。

プー太郎のやる夫も当然求人に参加した1人――だなんてことはなく。
「騎士団の募集なんか知ったこっちゃねーおwwwwww」と鼻で笑っていたのだが、
おかんの鶴の一声「働きなさい!」を受け、しぶしぶ面接へ。
「どうせ受かったところでやる気ないし、面接官で遊んで帰るかお」
と面接であることないことを言い繕い、そしてなんと内定をもらってしまう。

騎士団見習いとは言え、騎士になったことで鼻高々のやる夫。
しかし所属となったのは第33騎士団(20以降は見習いによって構成された組織である)
――率いるのは幼い頃から騎士となるための教育を受けてきた者ですら、
その特訓に尻尾を巻いて逃げ出すという”鬼団長”ハートマン。
やる夫にとって地獄の日々が幕を開けることになる……


・(タイトル未定)
こういうタイトルなんじゃなくて本当にまだ思いついてないだけ←
一流大学の経営学科を卒業して、経営知識バリバリでコンサル会社に就職したやる夫。
ふとした幸運から超一流企業のコンサル担当をあてがわれ、本社や国内の工場を行ったり来たりすることに。
一見本社や国内の工場の雰囲気はとても良く、特に問題は無いように思えた。
しかし、国外の工場に関する資料にどうしても納得がいかず、単身お忍びで国外工場の査察に向かう。
そこで目にしたのは、まだ年端も行かない少女に過酷な労働をさせる、余りにも劣悪な現実だった。
工場の労働者を救うため、企業を相手に説得を試みるべくやる夫は奮い立つが……



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

贅沢微糖は贅沢なのか微糖なのかハッキリしてほしい


それでも町は廻っている買いました。
大人買いしました。また一つ大人の階段を登ってしまった……。
なんかネットでやたらと評価高かったからね。ミーハーなんです僕。
でも1巻読んで10巻まで一気に買ったの後悔した。
1巻読み終わった段階で、後の巻に手を付けるか迷うレベルまで打ちのめされてた。
2巻に手を出した。気付いたら一日で残り全部読んでしまっていた。オソロシーオソロシー。
1巻以外は面白かったです。
歩鳥と紺先輩ぐうかわいい。





最近の週刊誌(主にジャンプとヤンジャン)の雑感
・クロクロク
読み切りのときガン推ししてたマンガだったけど、ギャグのキレが速攻で亡くなってしまったのとタイトルがださいのとで、千秋のかわいさを眺めるだけになってしまった。これはもう打ち切りまでノンストップですわぁ……

・ひめドル
なんか凄い不人気であと1~2週で打ち切られそうだけど絵はかわいいと思う。特に明日香がくっそかわいい。
ジャンプで恋愛モノの話はご法度なんかってくらい、こういうタイプの作品は打ち切り多いですよね。
個人的にはなんで未だににせ恋が生き残ってるのか分からん。恋空紅葉のが明らかに画力高かったのに。

・焼け野原ジン
最強さんは帰って、どうぞ

・ソウルキャッチャーズ
2chの一部で凄い騒がれてるらしい。漫画家の間でもこの作者さんは天才とか言われてるとかなんとか。
まぁあまり面白くなかったです。

・スモーキーBB
もう打ち切りされたマンガだけど。無刀ブラックは打ち切り仕方ないにしても、スモーキーBBはマジで一体何がいけなかったのか不思議。
マガジンとかサンデーでやればそこそこ人気出てただろうと思うし。
空港で「ベースボール・ビジネスをしにいくのさ(キリッ」って言っただけで終わった強キャラ風外人ピッチャーが悲壮すぎて印象深かった

・NARUTO
オビトの過去話辺りから読むのやめました。穢土転生の時点で作者の人形遊びに付き合わされてる気がして相当きつかったのが耐えられなくなった。さっさと終わってください

・トリコ
ストーリーテーリングの仕方が少年誌のそれとは思えなくなってきた


以下ヤンジャン
・東京グール
良くも悪くもWebマンガみたいなマンガだなって感じ。
つまらなくはないんですけどね。まあ読むかなーってくらい。単行本買おうとまでは思わないかなぁ。背景は今まで見てきたマンガの中でトップクラスに丁寧。

・うまるちゃん
癒し系マンガっていいよねぇ。結構推してます



今読んでるのは
ジャンプ→ワンピ、トリコ、黒子、鰤、ソーマ、暗殺教室
ヤンジャン→テラフォ、キングダム、ハチワン、東京グール、源君物語(エロは正義)、デストロイ、うまるちゃん

デストロイは月イチ掲載だから読んでるって言っていいのか微妙かな



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

コミュニケーションツール


大学で会計の講義を取ると、ほとんどの講師が最初に「会計は言語なんです」って言う。
それから「何故言語と言えるのか?どういう言語なのか?」を説明していく。

曰く、
「暑いという概念があって、だけどそれを示す言葉がない。それは困る。
相手に暑いという概念を伝えたい。だから言語を作った。それと同じ」

「会社の業績を表すための言語」

「会計知識がある人が見れば国境を超えてそこに書かれていることを理解できる」


と、こんな感じの説明がされる。正直一回も心から理解出来た試しがない。
会計は言語って言われてもどこかあやふやなままで。納得したフリはするけど心の何処かでそれを否定してる。

なのでそれについて考えてみたいと思う。なぜ会計は言語なのか。

まず最初に目についたのは、そもそも会計とはなにか、ということを伝えるときに
いきなり「会計=言語」という等式を持ち出してくるこの……なんていうんだろう、君物事を伝える気無いよねオーラである。

会計とは何か。僕は「適正な期間損益計算の技術とか、原価を計算する技術とかの総称」だと捉えてる。
大学で教鞭をとるレベルの人が聞くと「それは違うよ」って言ってきそうだけど概ね間違ってはないはず。

つまり、会計=「適正な(中略)総称」という等式が成り立つわけだ。

で、会計という概念を少しとっつきやすくして、それでどうするのか。

次は「言語とはなにか?」について考えてみたい。

言語(げんご 英: Language)とは、コミュニケーションのための記号の体系である。
――wikipedia

ウィキペディアさんの至言。なるほど、そもそも言語っていうのは日本語とか、英語とか、そういう
「言葉」に限られないらしい。
相手との意思疎通が出来る記号の体系なら言語にカテゴライズされると。随分広義の概念なだな言語って。


あ、ここまで言えば会計=言語だってなんとなく伝わった気もするしココらへんでやめときます。
なんかコレ以上まとめられる気がしなくなってきたよ




別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

スキミング


ネットサーフィンしてるときにふと「空が灰色だから」ってタイトルのマンガが目に止まって、
気になって調べてみるとかなり面白そうなので思い切って購入してみた。
本屋には2,3,4巻しか置いてなかったんだけどね。1巻と最終巻がなくてウオアアアアアってなった。
まあ構成自体はオムニバスなのでどの巻から読んでも特に問題はないんですが。


まあ普通に面白かったです。良質な創作が読めてよかった。
野球の話はあのすれ違いが胸にグサッときたし、来生さんの話もインパクトあってよかった。
ほかにはスリーパー3人衆の話も。
ありのままの「世間」をそのままマンガに落とし込もうとしてる感じ。
同時に、その中でもがきながらも人生を歩んでいく主人公たちを上手く描けてると思う。

話の雰囲気的にはアレだな、ルネッサンス吉田の「甘えんじゃねえよ」に近いものを感じましたね。





後3月のライオンの9巻も買って読みました。逆だ。立ち読みしてから買いました。
今回のは立ち読みしたときに「これは買わざるをえない」ってくらいのインパクトがあった。
最初と比べると随分心情描写がストレートになったなあとしみじみ。高城に対する学年主任の演説には魂が震えた。

今回の帯は「家族の9巻」ってあったけど、個人的にこの巻で注目したのは「努力」ですね。
次女(名前ど忘れした)は努力して努力して見事高校受験に通ったけど、
反面、もっと努力して努力した土橋9段はそれでも宗谷名人に土を付けられてる。
努力した結果、成功したケースと失敗したケースの対比。
まあ失敗しても最終的にはハッピーエンド(?)になってる辺り、このマンガは根っこのところでとことん善性なんだなーと思いますw





「凄い」「ヤバい」「ウェーイ」は便利な圧縮言語だよね。
余りに便利なのでなるべく「使わず」に生きていきたいなと思う。
圧縮言語ばかり使ってると、事実をありのままに伝える力が落ちるような気がするから。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ロストテクノロジー


電子辞書の中にFate/zeroのtxtファイルを入れて、授業中読み耽る、みたいな技術。
普通にライトノベル広げてたら怒られますけどね。これならマジで怒られない。
まぁ読むのに集中しすぎてると当てられた時に悲惨なことになる





自分から何も言わなくても「誕生日だよね!!!!おめでとう!!!!!!」って言われるような人になりたい。
明日から合法的にお酒飲めるようになります。ふぇぇ時間が経つのはハエーヤツヤ。
このブログも気づけばもう5年目に突入してるわけで。でも5年もやってる割には記事少ないですね。しかもほとんど遊戯王((

あ、お酒と言えば、「飲み会にお金がないからと断るのは『あなたとの会話には3000円の価値もない』と言ってるようなもの」っていう主張が話題になってるみたいで。
ツイッターでは6000RTとかいってるらしいし。まあ反応の多くは批判らしい。
僕はその通りだと思いますけどね。
人は事実をありのままに言われるとムカッとくるものらしい。
まあかなり刺々しい主張だから、反論したくなるのも分からんでもないが。

お金がない大学生にとっての3000円がどれだけ貴重かってのをスルーした言い方ですもんね。
「3000円も」ってつまり「たかが3000円」って意味だし。

バイトがっつりしてないと中々自由に出来るお金とかないよなぁ。
僕とか今フリーキャッシュフロー皆無に近いっすよ。1ヶ月に一回カラオケ行くくらいで。あ、今日は3月のライオン買ったか。
ゲーム買わないマンガ買わないカード買わないのナイナイ尽くし。
それで窮屈かと言われるとそうでもないから困るww
ネットと立ち読みは偉大やで……





コミュニケーションが下手だなと最近痛感してます。
もともと下手っていうのはあったけどね!!それにしても他愛のない話っていうのが出来ない。
びっくりするくらい出来ない。
遊戯王やってたときはずっとそれについて語ってればよかったし、そのせいだと思う。
なので先日林修が監修してる会話術の本買いました。1冊1000円。マジで買わなければよかった……。クソみたいな内容だった

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 青D日記 | NEXT