青D日記

管理人の趣味全般について適当に語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

機械とゾンビの夢のコラボ

歯車氏と言う方がいました。

その方はある日言いました「よし、ニュータイプになろう!」

そしてこんなデッキが生まれたのです。

【アンデットギア】
機械巨竜大量召喚ギミックとゾンビ達の誇る不死ギミックを合わせたデッキ。

自分フィールド上は3000モンスが居座り続けると言う恐怖の世界。

それを実現したのがこのデッキ。

・・・・事故率は、ネ?

さて、主な長所と短所を挙げていきましょう。

長所:巨竜が不死になる
    アンデループギミックを搭載できる
   
短所:事故率
    一撃の決定打において、【アンティーク・ギア】、【シンクロアンデ】のそれを下回る。

これを踏まえたうえで・・・

「俺の考えた」アンデットギアのレシピを晒しておきます。
友人Tに教えてもらえる様言ったのに;;

モンスター(20)
古代の機械巨竜×2
闇竜の黒騎士×2
オネスト×2
ゾンビマスター×2
ピラミッドタートル×3
ゴブリンゾンビ×2
馬頭鬼×3
ライオウ×2
クリッター
ゾンビキャリア

魔法(14)
歯車街×3
アンデットワールド×2
テラフォーミング×3
死者蘇生
収縮×2
サイクロン
大嵐
異次元からの埋葬

罠(6)
激流葬
サンダーブレイク×2
神の宣告×3

決定打に欠ける=ならより安定求めろやww
つまり、光アンデギミックの搭載ですね、分かります(ぁ

何かもう【アンデットギア】から根本的に離れてる気がするけど、いーや、別にw
会長の言葉を借りると、リニューアルだよ、リニューアル!

基本的な流れは・・・(説明、いる?)
相手モンスぱくる。
相手モンス殺す(R指定のかからない範囲で)
殴る。

まさにこれが遊戯王の本質だと感動して涙を流したくなるようなそんな流れ紹介でした(ぁ
字数稼ぎって大事だと思うのよね。

異次元からの埋葬は・・アンデシンクロギミックをより活用する為ですね。
馬頭鬼の効果再利用と言う面でもいい。

生還の宝札、ダムドは事故要員だと思ったので今回不採用です。
代わりに、オネスト、ライオウ等のメタ要素を盛り込めるので、安定はしたかな?って感じ。
そして、収縮も投入してあるので相性はバツグン、真紅眼の不死竜!・・・を抜いて、
闇竜の黒騎士を採用しました。
アンワ張ってたらオネストで小回りが利くのが強いですね。
☆4までと言うのが辛いかな?

それにしても、俺作る気無いのになんでこんなに長く書き込んでんだ?www
ま、いっか。

ご意見等お待ちしています~ノシ

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<大会レポ | 青D日記 | することが多すぎて困る(・ω・`)>>

この記事のコメント

えっと、そもそもギア要素居れる時点でライオウとアンチシナジーが酷いと思うんだよ

そして、俺ニュータイプになろうとか言ってないから、考えてないから(ぁ

レッドアイズアンデ居れないなら・・・・オネストもいるんだし、獄炎採用安定じゃないかな?
一応、巨竜は3推奨だったりするなぁ。
基本的にギアタウンは破壊される為の存在だから、ギアタウンでラッシュかける時2だと結構厳しかったりするかも。
回し方によるけど、歯車みたいなパワータイプの決闘者なら3推奨(ぁ
光アンデっぽくするなら収縮抜いて強制転移推奨かなぁ。
ゴブゾンやらピラタを送って戦闘で破壊すればアド普通に取れそうだし。
馬頭鬼積んでるなら光アンデ風でも確かに強いかも。
後、巨竜を不死にする以上、元埋か生者の書はもうちょい積みたいかな・・・・

以上、ほぼ初心者の歯車の意見でした(ぁ
2009-01-14 Wed 18:48 | URL | 歯車 #fLQ05n2U [内容変更]
歯車氏>
頭で(ぽわわ~)と考えて作ったデッキなので
生者の書の採用を忘れていました;;

おのれ、狸め。

巨竜3にするならライダーも入れてトレインくるくるしたいなと思う。切実に。

獄炎等のスペースが無いのれすよ;;(ぁ
転移はどちらかと言うとサイド1~2で安定するかと。
マッチのときは相手の様子見てチェンジみたいな感じで。

2009-01-14 Wed 18:56 | URL | 青Dは俺の嫁 #v8QjPvAY [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 青D日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。