青D日記

管理人の趣味全般について適当に語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

旋風まとめ



多分(今期は)、もう旋風を大会で回すとかは無さそうですし。

これまで使ってきて、あるいは、9/1の制限改定以降は構築を補完してたのが5割ですが。

取り敢えず、今までの感想と言うか、まとめというか…雑記になるかもしれませんけれど、
いつも通り、思い浮かんだのを、そのままつらつら書いていきたいと思います。






>>長所
シュラ、カルート、シロッコ、ブラスト、ゲイル、ブリザード。
全てのモンスターが戦闘、戦闘補助、打点、ss+貫通、攻撃補助+ss、直接シンクロ狙えたり。
それぞれの受け持つ分野が異なっていて、その全てが優秀。
属性、種族共に恵まれているためサポートも積みやすく、
汎用性メタ~ブンブンまであらゆる形に対応することが可能。

まあ、ここで言えるブンブンと言うのは櫃型旋風ですね。
櫃型が出るまでは、警告3枚がほぼ必須…。つまり罠型じゃないと生き残れないと思ってたおれにとって、
この形が結果出したのは大きな衝撃でした。
寒波ダムドアクセスからキルとか言われても、最初はピンと来なかったですし。
実際に櫃型BFと当たることで。初めて櫃型の強さを目の当たりにした訳ですが。
閑話休題。




>>短所
旋風が制限になったことで、壁モンに対する抵抗力が無いことが顕著になってきました。
櫃型を使えばある程度までは解消出来るレベルですが、
初動のモンスが十中八九阻まれるってのは、元々かなりアドを意識するデッキですし、
相性的に相当しんどかったりします。
スノーとか。偵察とか。
前者は後鳥羽打つタイミングなんてありませんし、後者は後出しで打つことは可能ですが、結局アド損。







櫃型BFの出現がやはり大きいですね。そもそも。おれが旋風使わなくなったのも櫃型出てからですし。

なんていうか、今まで旋風を使ってきたっていう矜持も少しはあったんですけれど。
警告3、サイク無しって言う8/23?時点での近畿csの光さんみたいな構築に寄っていったことにも、
個人的に自信はあったんですけど。
トッププレイヤーの考え方を見て、あっ敵わないなって。
少なくとも旋風でcs勝ち上がるのは無理だなって。そう思いました。
閑話休題。


で、結局、旋風を使うかどうかって言うのは、
六武に勝てるかどうかって言う問題に直結するわけで。
んで、六武って、強欲な壺と旋風もどき3枚積める、旋風BFもどきなわけで。

どっちが勝つかって、戦う前から分かってるようなもんじゃないですか…。
シュラカルとか差し置いても、六武はアドの持って行き方が違う。

ここで、六武が旋風に相性が良い(キザン出てからの話) って言う既成事実を
改めて確認したのは、旋風で六武に勝てるって言う意見を今日聞いたからなんですけどね。

確かに六武側からしても苦手なカードは多々ありますし、苦痛とかパキケとか警告とか。
最初からそっちをガンメタしとけば大丈夫なのかもしれませんが。
そこは旋風と同じ原理ですよね。そこクリアされたら負けじゃん。


要は、旋風として必要な役目は、全部六武に取られたってこと。
だから旋風で六武に勝てるっていうしっかりとした理論が出ない限りは、もう旋風はお預けかな。




以下今日のトレード



wario「しゃあないから札1枚で良いよ」

おれ「え、1000円?」

wario「5kじゃボケwww」


出したもの:5k

引いたもの:
2:大将軍-紫炎(レリ)
1:大将軍-紫炎(米SR)
3:六武衆の師範(米GLD)
3:六武衆-ザイジ(米HL)
3:六武衆-ヤイチ(米N)
3:六武衆-イロウ(米N)
2:六武衆の御霊代(独N)
2?:異次元の女戦士(日SR)
1:サイバー・ドラゴン

2:収縮(米SR)
3:六武衆の結束(米R)
2:六武衆の理(米AR)

その他。神の宣告@3(!?)とか大嵐(要らん)とか。

っふ、出来れば3kくらいにまけてほしかったぜ(爆

まあ手っ取り早く集まったし良かったかな。



ではでは、今日はこれくらいでノシ







スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Sadistic Summer | 青D日記 | こんなはずじゃ(ry>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 青D日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。