青D日記

管理人の趣味全般について適当に語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

オススメ受験参考書 Part2

前回の反響が大きく、今回も是非とも早めに記事を作成してほしいという要望が1件程相次いだので
とりあえず前回同様サクサク進めていきたいと思います。
前も言いましたけど僕が一番力入れたのは英語なんで、受験生の方はとりあえずそこだけでも参考にしてみてくださいw


さて、今回は副教科の解説です。
僕の場合副教科の必要科目は
・倫理/政治経済
・世界史B
・生物
だったので、そこの解説をさせてもらおうかなと。
その他の教科は畑の外なので適当に紹介すると害になりそうだしやめときますw


では…


生物ですが、自分は生物が嫌いでセンター前日に解いた過去問が48だった程度には苦手でしたw
78もとれたのは今年が簡単だったからだと思いますww
なので勉強方法については全く参考にしなくていいんですけれど、
参考書に関しては受験勉強早期にばじるに勧められた「110の要点」が一番強いんじゃないかなって
110
これの何が強いって、受験勉強に必要な生物知識が全部コンパクトに、見やすくまとめられてるんですよね。
逆に余りにもシンプルすぎて生物わからんぽんだった僕は覚えた所ですぐに抜けていきましたがw
普通に生物が出来る人は、模試の過去問とこれを使って自分の足りない知識を埋めていけばセンター生物は軽く捻れるんじゃないかと思います。

カチコチの文系脳で生物なんてうんじゃらぺーwwwwって人は東進の田部って人が書いてる参考書なんかオススメです。
意味の分からないこじつけ語呂暗記が多くて僕も最初は敬遠してたんですけど、
直前期になって一旦落ち着いて読んでみると、割と理解出来るような書き方がされててちょっと感動しましたw
生物を世界史や倫理と同じ感覚で学びたいって人にはこっちのがオススメだと思います。



次、世界史B…は一択ですね。
「神余のパノラマ世界史」。これ以上に世界史を楽しく勉強出来る参考書は今までも、そしてこの作者がまた別のシリーズでも刊行しない限りはこれからも無いんじゃないかと思えるくらいのクオリティです。
始めて読んだ時には「え、こんな楽しく世界史って読めるんだw」と頭を金槌で殴られたかのような衝撃を受けた記憶があります。
それから周りの人にずっと勧めてたりしました。
この本の隅々まで通すとセンターにとってはオーバーワークになっちゃうっていうのもあったんでしょうか、結局余り理解は得られませんでしたが(笑)
ただ、センターだけにしてもこれはガチで良書なので是非一度手にとって見てください。
なんか推し過ぎた気がする…w
あ、クリックしても中身は見れないので悪しからずw
パノラマ1
パノラマ2








最後に倫理/政治経済…なんですけど、
これに関しては僕の使ってた参考書なんでクソの役にも立たないだろうことは実績が証明してるので、
同級生でセンター9割取った奴が使ってた参考書だけ載せておきます

りんり
せいけい
ちなみに僕はこれの現代社会をやってましたw
現代社会も倫理/政治経済と中身が被るからセンターはこれ一冊で十分だと思うっていう教師の言葉に乗せられてやってたんですけど、今からすれば現代社会の方はちょっとライト過ぎたなってしみじみ思いますね。





こんな感じかな。僕からのオススメは以上です!
最後に1つだけ言わせてもらうなら、受験生時代は「オーバーワーク」って言葉に釣られて必要最小限しかやらなかった単元が多々あったんですけど、
しっかり点数取ろうと思ったらオーバーワークするくらいが丁度良いかなとは思いますw



ではでは、これからの受験生が少しは参考にしてくれることを期待して。。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<入学式 | 青D日記 | 入学ガイダンス>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 青D日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。